賃貸管理会社の収入源とは

賃貸管理の収入とはどのようになっているのでしょうか。

様々な収入方法がありますが、主にアパート等の管理を行い、その賃料の5%~10%を報酬として、受け取ります。

賃料に関する保証を行う場合は、保証料に管理料を含む場合もありますので、その場合には管理費が高くなります。

その為、管理物件の数が多ければ多いほど安定した収入を得ることが出来るでしょう。

さらに、賃貸管理では仲介料と更新手数料からも収入方法があります。

空室がある時に、新たな住人を募集しますが、その際新規契約の時に仲介料を受け取る事が出来ます。

さらには、賃貸契約の時に更新する場合は、更新手数料を徴収する事も出来ますので、そこからも収入源が発生する事が出来ます。

それらにより、賃貸管理の収入を得ることが出来ます。

もちろん、空室が続いてしまう部屋を抱えていては、マイナスとなってしまいます。

管理収入が受け取れない事はもちろん、更新料も受け取れなくなり、さらに新規がいなければ仲介料も受け取れません。

そういった事がリスクとなってしまうので、出来るだけ空室のないようにする事がお勧めです。

賃貸管理の収入方法には様々な方法がありますが、保険管理による収入もあります。

不動産会社は保険の代理店であることが多いので、火災保険と家財保険を取り扱います。

火災保険は、賃貸のオーナーさんに加入してもらいますが、家財保険は貸した人へ強制加入をおこなっていますので、賃貸契約する際には保険加入の条件が入るので、拒否はありません。

その為、月々の収入に大きく影響する事になると思います。

賃貸管理の収入として、リフォームを行う際の照会料を徴収する方法です。

ある程度の年月がたってしまっている賃貸アパートや賃貸マンションはリフォームが必要となる場合もあります。

その為、オーナーへリフォーム会社を紹介して、その仲介手数料を取る場合があります。

これらの事により、収入源を得ています。

賃貸管理は様々な手段により収入を得ることが出来ますが、うまくまとめることでさらに安定した収入源となるでしょう。

月々の変動が大きい分少しでも安定した収入源の確保が必要と言えます。

Comments are closed.