賃貸管理会社の主な仕事はどのようなものか

賃貸管理を行ってくれる業者は、大家さんの代わりとなる役目を持っています。

その為、様々な業務が発生します。

具体的には、まず賃貸住宅への入居者募集があります。

インターネットや新聞広告など、様々な媒体を利用し空室物件を紹介しています。

そして、入居者が決まったら契約を結びます。

さらに、その入居者がどのような人物か査定したり、鍵の受け渡しを行います。

そして、入居中の賃料の取立てや共用費の代行を行います。

そして契約の継続の手続きを行うか、または、解約の時の手続きを行うかになります。

では、解約後には敷金の返還や原状の回復を行います。

他には、建物内の清掃を行います。

建物内や野外、除草など建物周りの敷地内全ての手入れを確認します。

もちろん、定期的な巡回も必要となり、修繕等も日々の業務として行う事になります。

入居者がいる間も賃料不払い者への督促や、苦情処理、近隣・町内への対応、防火・防災、苦情処理、長期不在者への対応など賃貸管理には、様々な業務が発生してきます。

賃貸管理の仕事は、基本的な仕事がもっとも大切となります。

それは、人と人を結ぶ仲介の役割を担っているので信頼関係がもっとも大切です。

信頼関係を向上させるのも、日々の業務をしっかりと行っているかが大切と言えるでしょう。

大家さんは自分で行うべきものを賃貸管理会社へお願いしています。

そのやらなければいけない事を行わないのであれば、不信感を抱かれてしまいます。

その為、入居者への配慮も大切と言えます。

入居者もここに安心して暮らせるという前提の元、住まいを決めています。

それが、不安となってしまってはクレームが発生するなど、信頼関係が壊れてしまうと言えるでしょう。

さらには、そこに住みたいと思ってもらうことも大切です。

空室になると、家賃収入も減ることながら、空室分の管理も行わなければなりません。

空室だからといって放ってしまっていると、綺麗な状態で入居者を迎える事が出来ない為です。

その為、空室も定期的な見回り、さらには住環境も綺麗に保たなければなりません。

そういった細かいところへの配慮を行う事も大切な賃貸管理会社の仕事と言えるでしょう。

Comments are closed.