賃貸管理のクレーム対応

賃貸管理会社では、時には入居者からクレームを受ける事があります。

クレームの対応も行わなければならないのが、賃貸管理会社と言えます。

例えば、5年間住んだ入居者が退去する時に、最後の確認を管理会社が行っている時のクレームの話です。

最後の確認の時に、煙草のような匂いが部屋にこもっているので、「煙草を吸っていますね」

と問いました。

しかし、その方は煙草を吸っているわけではなく、賃貸マンションのすぐ隣の家が毎日のように燻製を外でやり始ため為、その匂いが入ってきてしまうということでした。

その為、この方に非はなく、管理会社が強く疑ってしまっていたら、トラブルを招く事につながっていました。

このように、どのようなトラブルが起こるかわからない事がとんだトラブルになりかねないという事です。

しかし、管理会社と入居者の信頼関係がしっかりと築く事が出来ていると、大きなトラブルも起こりにくいという事が言えます。

その為、普段から信頼のおける対応を心がける事が大切と言えるでしょう。

賃貸管理会社には、日々様々なクレームがあると言えます。

もちろん、全て大家ではなく、管理会社が受け持たなければいけないので、対応の仕方などをしっかしと学ぶ事が大切と言えます。

小さな事でも、親身にクレーム対応をする事でトラブルも起こりにくいと言えるでしょう。

しかし、住まいの設備に関してのクレームならば対応ができますが、最近ではサービスを求めるといった人も多く現れているようです。

例えば、宅配便を受け取っておいて欲しいや、さらに宅配便が生物だから冷蔵庫に入れておいて欲しいという依頼まで。

さらに、電球が切れたから交換して欲しい、家の雪かきをやって欲しいという様々な内容の依頼が来ます。

しかし、賃貸管理会社はこのようなサービスを行う場所ではなく、あくまで管理の面を行う場所です。

こういったサービスを頼みたいのであれば、その専門の業者を見つけるべきですが、近年はそういったサービスの面があやふやになっていると言えます。

これらは、最初の契約でしっかりと管理会社の行うサービスという事を伝えるのがもちろん良いですが、それだけでなく、入居者自身も管理会社だからといって、やみくもに頼むという考えは辞めた方が良いと言えるでしょう。

Comments are closed.